遊戯王カードのチェーンとは?チェーンについてご説明!

遊戯王におけるチェーンとは、とあるカードの効果が発動されたことに対して、別のカードの効果が続いて発動されることを指します。

 

魔法カードや罠カードなどに対して発動し、遊戯王のデュエルを象徴する仕組みのひとつとなっています。

 

もう少し具体的に説明しましょう。プレイヤー1がとあるカードを発動したとします。

 

続いて、プレイヤー2はこれにチェーンを続けるか選択することができます。

 

プレイヤー2がチェーンを続けた場合、次にチェーンをする権利がプレイヤー1に戻ります。

 

基本的には、プレイヤー1とプレイヤー2には交互にチェーンする権利が与えられます。

 

ただし、相手がチェーンをしなかった場合、自分のカードに対してチェーンするかどうか決めることになります。

 

こうしてチェーンを続けていき、どちらもチェーンをしなくなった時点で、積み終わったチェーンの処理作業に入ります。

 

チェーンの処理作業に入ると、その間は新たにカードを発動することはできません。

 

チェーンの処理は、発動したのとは逆の順番で処理が行われていきます。

 

つまり、チェーンの発動順に「チェーンA」、「チェーンB」、「チェーンC」とすると、チェーンの処理は「チェーンC」、「チェーンB」、「チェーンA」の順番になるのです。

 

チェーンとスペルスピードについて覚えておこう!

さて、魔法カードや罠カードであれば、なんでもチェーンして重ねることができるかと言えば、そういうことではありません。

 

チェーンできるカードにはしっかりとしたルールがあります。

 

優先権やカードの強制効果、任意効果もそのひとつですが、特に覚えておくべきなのはカードの「スペルスピード」です。

 

スペルスピードとは、カードの効果が発動するスピードのこと。

 

すべての魔法カード、罠カード、効果モンスターのカードには、スペルスピードが設定されています。

 

それぞれカードの種類によってスペルスピードが決まっていますので、効果的に利用するためにも覚えておきましょう。

 

スペルスピード1

 

スペルカードの中では最も遅くなります。

 

ほかのカードに対してチェインすることはできません。

 

通常魔法(アイコン表記のない魔法カード)
装備魔法(十字アイコンの表記がある魔法カード)
フィールド魔法(手裏剣アイコンの表記がある魔法カード)
儀式魔法(炎アイコンの表記がある魔法カード)
永続魔法(無限アイコンの表記がある魔法カード)
効果モンスター(種族名の後に効果と記されており、相手のターンで任意に発動できないモンスターカード)

 

スペルスピード2

 

スペルスピード1とスペルスピード2のカードに対してチェーンを積むことができます。

 

速攻魔法(カミナリアイコンの表記がある魔法カード)
通常罠(アイコン表記のない罠カード)
永続罠(無限アイコンの表記がある罠カード)
効果モンスター(種族名の後に効果と記されており、相手のターンで任意に発動できるモンスターカード)

 

スペルスピード3

 

すべてのカードに対してチェーンを積むことができます。

 

カウンター罠(矢印アイコンの表記がある魔法カード)

 

チェーンの最大回数はどれくらい?

チェーンの基本的な知識はこのくらいですが、ところでチェーンはどのくらい続けることができるものなのでしょうか。

 

これについては、はっきりとしたことは言えません。

 

ただし、チェーンを続けることだけに特化したデッキをお互いが構成していれば、かなりの数続くことが予想されます。

 

チェーンを続けることを戦略として組み込んだ戦い方に「チェーンバーン」と呼ばれるタイプのデッキがあります。

 

どれくらいチェーンが続く試してみたい人のために「チェーンバーンデッキ」のデッキレシピをご紹介します↓

 

モンスターカード9枚 魔法&罠31枚
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム×2 仕込みマシンガン×3
カードカー・D×3 積み上げる幸福×3
メタモルポット×1 おジャマトリオ×2
速攻のかかし×3 妖精の風×3
停戦協定×1
無謀な欲張り×3
魔法の筒×2
強欲な瓶×3
八汰烏の骸×3
自業自得×3

チェーンを続ければ続けるほどダメージが大きくなるもので、この戦略を好むプレイヤーも一定数存在します。

 

このチェーンバーンデッキは、速効性と攻撃性を持っていますが、モンスターカードが少ない分防御性がかなり低いのが欠点です。

 

デュエルが長引けば、その文不利になるので、注意しましょう!

 

チェーンバーンデッキ以外では、チェーンがどこまで続くかを試すことはあまりないでしょうが、たまには意識してみると面白いのかもしれませんね。

 

以上、チェーンについてお話しました。

 

チェーンを使いこなすことが遊戯王上達への一歩となります。


遊戯王買取について知りたいことを選択!

遊戯王買取ランキング